四大陸こぼれ話。

試合観戦の話とはちょっとずれちゃうけど、
こんなことがあったよ〜っていう話。

フードコートでランチを食べていた時、
なんだか、すんごい綺麗な男子が私の前のテーブルにきて
座りました。
あんまり綺麗なお顔なので、
私が、一緒にランチしている方たちに
「綺麗な子がいるよー」「めっちゃ綺麗だわ〜」って何度も言っていました。
そうしたらね、なんか騒然となってきました。
どうやら、その男子はやはりどこかのアイドルグループの子らしい。
韓国のお客さんがその子に気づいてちょっとした騒ぎに。
サインやら、握手やら、人がどんどん集まってきました。

後から聞いたところによると、
スーパージュニアのウニョクさんという方ですって。
ただいま兵役中でこの大会の警護かなにかで来ていたようです。
ミーハーかあさんとしては、一応押さえておこうと思いまして。

最後に来年の平昌オリンピックのマスコットと撮った写真を
一枚、置いていきます。
読んでくださってありがとうございました。

f0136155_01390749.jpg



[PR]
# by hrm163t | 2017-02-20 23:35 | 羽生結弦・フィギュア
熱戦が繰り広げられた男子フリーも終わり、
最後のエキシビションとなりました。
羽生選手はすっきりとして、そして楽しそうでした。
それが何より。

羽生選手の白鳥はとても美しかった。
ジャンプでちょっと詰まったのは、残念だったけどね。うふ。
(後日、テレビを見たらすごい悔しがってて笑えた。)

フィナーレ。
男子フリーの結果が出て数時間後には、フィナーレだったので、
男子はおそらくリハーサルができなかったはず。
だから、工夫されていて、男子はそれまで出演していた選手たちの
間をハイタッチして回るっていう演出でした。
でも、羽生選手はただでは行きません。くるっくる回りながら
妖精のようにハイタッチしていきます。
なんて かーわーいーいー!
いや、22歳の男子にかわいいは、失礼だと思いますよ。
でも、ほんとにかわいかったですもん。
で、何より嬉しかったのは、

ネイサンとゆづが最高の笑顔でハイタッチしたこと。

真剣に戦って、でも、試合が終わればお互い笑顔を交わす。
きっと二人は共にフィギュアスケートの世界を切り開いてゆく
同士なのでしょう。ライバルであり、戦友である。

そして最後に書いておきたいのは、羽生選手がモテモテだったこと。
私の席からは写真撮影の時、後ろから見ている形になったんですが、
フィナーレで滑った韓国の若い女子スケーターたちと、フラワーガールが
とにかく、羽生選手の隣に行きたがる、場所を取りたがる、
握手したがる(爆)
女の子たち、大騒ぎ!(笑)
ああいうのを「すずなり」っていうのよねぇ。
もうおかしくておかしくて。
あーいいなーこういうの。スケートをしている女の子たちにとって
羽生選手は憧れなんだ。そして、この日の思い出を胸に
練習に励むんだ。
もしかしたら、この中から将来いい選手になる子が育つかもしれない。
そして、将来「あの時、羽生選手と一緒のリンクにいました」と
誇らしげに語るかもしれない。

そして、羽生選手の対応もそれはそれは素敵で、自然で、丁寧で、
尊敬と親しみをこめて握手したり、
笑わせたりしていました。
ああ、いい子だ。

f0136155_214439.jpg


はい。
私の長い長い観戦ツアーのお話しはおしまいです。

帰りの朝、のんびり空港で最後の韓国料理をAさんと食べていて、
飛行機に乗り遅れそうになったことはご愛嬌。
無事に搭乗して、帰って来ました。

海外観戦は、なかなか過酷な旅ではありますが、
行ってよかった。
次はファンタジーオンアイスに行けるといいなぁ。
羽生選手が出演しますように。
[PR]
# by hrm163t | 2017-02-19 23:59 | 羽生結弦・フィギュア
18日の土曜日はペアフリーと女子フリーなので、
省略させていただきます。

19日。
チェックアウトしつつ、バス集合時間が5時半という過酷なスケジュール!
でもね、練習が見られると思ったら、できます!
バスで、サンドイッチとヨーグルトなどが配られました。
そうそう、ホテルの朝食もよかったです!ここで有名な辛くないスンドゥブも
いただきましたよー。

さて、話を戻します。朝7時からの公式練習を見ました。
男子フリーのお席はジャッジ側中央ブロックの5列目。本当に素晴らしいお席でした。
まぁ、目の前で「???」な演技が繰り広げられるとは想像もつきませんでしたが(笑)。

練習では、4Sのコンビネーションを何度も練習していて、それほどうまく行っている
感じではありませんでした。流れの中でやるとうまくいかない。
単独では、成功している時もありましたけど、その都度、オーサーコーチのところへ行って
確認。場合によっては、iPadを見て確認。羽生選手は丁寧なイメージがありますが、
意外に大雑把なところがあっておもしろかった。iPadをポイって置いたり、無造作に
脱いだり。ずっと見ていると、やんちゃでパワフルなんだな、ってことを改めて感じさせられました。

11時から試合です。
第4グループ
14:15 ボーヤン ジン
14:23 パトリック チャン
14:32 ハン ヤン
14:41 宇野昌磨
14:49 羽生結弦
14:58 ネイサン チェン

羽生選手。滑り出しは上々。しかし。
また、私の目の前で4Sがパンク!!
ところが、そこからの羽生選手はすごかった!!
っていうか、私は会場で見ていて解説も何もなく、4Sが2Sになったところから

なんだかいつも見ているのと全然ちがーーう!

混乱しました。
だって、3連なくなってるし!
なんか、そこで4回転跳んだように見えたし!
なんか、最後は3A跳んでたみたいだったし!
もういいや、私にはわからないことやってるな、しかもリカバリーが
成功しているのかもよくわからなかったし。
でもね、私いままでホープ&レガシーではあんまりいいって感じてなくて。
印象が薄いって思ってたのね。
でも、四大陸のホープ&レガシーで感動している自分がいた。
「なんだかすごいモノ見た」感がありました。
羽生選手の気迫に心揺さぶられたって感じでした。

もちろん、あとで知ったことですけど、日本に帰国して
「ひるおび」で佐野氏のリカバリーの解説聞いて納得しました。
あーすごいことをやってのけたのだ。
ある意味、あの曲をちゃんと表現して、しかも、冷静に競技として
点数の取り方やらザヤらないように考えて構成を組みながら
跳ぶとか、人間ワザじゃないな、と。

ゾーンに入っていたんだな、と。

しかも、長谷川仁美さんがおっしゃっていたように(講座に行ってきた)、
今までのホプレガの中で一番叙情的だった。
すごいことです。

ネイサンが、最後に3Loを4Sに変えてきて
204.34をとり、優勝だったわけで。。。
羽生選手が負けてしまったのは残念だけど、
試合としてハイレベルでおもしろかったことは間違いない!!
いやぁ、おもしろかった。みんな頑張った!
300点とっても優勝できない?!
とんだことになりました。

参考までに、予定の構成と結果を書いておきます。
4Lo → 4Lo
4S → 4S
3F → 3F
...... 後半 ...............

4S+3T  → 2S+1Lo
4T  → 4T
3A+2T  → 3A+3T
3A+1Lo+3S → 4T+2T
3Lz → 3A

結果
優勝 ネイサン チェン 307.46
2位 羽生結弦 303.71
3位 宇野昌磨 288.05

f0136155_1535446.jpg

[PR]
# by hrm163t | 2017-02-19 23:50 | 羽生結弦・フィギュア
さて、韓国三日目。そうそう、できてないのは、道路だけでなく、宿泊施設も同様で
まだまだカンヌンのまわりは不足しているようです。
私たちのホテルは束草(ソクチョ)というカンヌンから1時間弱のところでした。
ホテル自体はリゾート地のおしゃれな大きなホテルで、
部屋からは海も見えて実に快適だったのです。しかし。
なんせ、会場まで1時間くらいかけて行き、帰りは試合が終わってから
またホテルに戻る、っていうちょっと移動に時間がかかるパターンでした。
さいわい、バスで隣になったMさんという方は(H.I.Sさんでは、バスは指定席で
毎回同じ方と座った)とてもよい方で、年齢的にも近く、なんとなくうまがあったので、
助かりました。

さて、いよいよ今日は、念願の「練習が見られる日」です。
5日のオールイベントチケットがあると、練習を見ることができるのです。
日本では練習をみるチャンスはあまりなく、撮影も禁止ですが、
韓国ではそれが可能なのです!!
黒い練習着の選手たちをテレビで見たことはありましたが、
生で観るのは初めて!
いいポイントで観ることができるのか?!

実際は、混乱があるといけないということで、自分のチケットのある場所で、と
いうことに変更になっていました。
自分の席に行ってみましたが、ちょうど前にアクリル板があって
写真を撮るのにはイマイチだったので、友人の席のところで見せてもらいました。
ショートサイドだったので、目の前で羽生選手とオーサーコーチが
話し合ったりしているところがよく見えました。
あと、当たり前のことなんですが、最初ジャージ着てて、それを脱いで、
次に長袖を脱いで、そして半袖になるという一連の動作を見て、
納得しました。いや、意味がわかりませんよねー。私はただ、時系列に
それを見て納得しただけです。いや、すみません。訳のわからないこと
言ってますよね?(笑)(笑)
それから、羽生選手のアップとクールダウンを見ることができて、
本当に嬉しかった。なんて綺麗なんでしょう。

ただ滑っているだけで
美しい。

練習を見たあとは、ちょっと外出。

いよいよ、夕方から男子ショートプログラムです。
羽生選手はルマンド色の衣装です。ちょっと緊張してるかな?
4Loは、きれいに決まった!私が見た中で一番綺麗だった。
しかーし!!目の前で4Sがパンクで2Sに。でもそのあとに、3Tをつけられたことにびっくり。
さすがです。でも、顔をくしゃくしゃにしていましたねー。
プリンスにおける3Aは決まり、そのまま足を氷につけずに高く振り上げるのを見て
大歓声!
しかし、全体的に緊張しているというか、調子は良くなさげでした。
いや、わかんないんですよ?解説を聞いてるわけじゃないし、「そんな気がする」って話。
でも、あとで見たら、結構スピンもステップもレベルとりこぼしていましたね。
腰の調子が悪いんじゃね?っていう声がファンの間でちらほらと聞こえてきました。
この日は

1位 ネイサン・チェン 103.12
2位 宇野昌磨 100.28
3位 羽生結弦 97.04

くやしいスタートとなりました。
この日の夜は日本から持ってきたフリーズドライのにゅうめんやおにぎりを
いただきました。それがなかなか美味しいのです。
これは、非常食として家にも常備したくなりました。

f0136155_0282956.jpg

練習の様子を私のiphone(5S)で撮影しました。

[PR]
# by hrm163t | 2017-02-17 23:59 | 羽生結弦・フィギュア
ソウルで一泊して、16日の朝8時15分集合、そこから4時間かけて江陵へ。
オリンピックまでには、線路も道路も完成して早く行けるようになるそうですが、
今年はまだバスで3時間、間に休憩をはさむので、合計4時間かかるわけです。
やっと江陵(カンヌン)に着いた!!
すばらしい会場です!!
この日はオープニングセレモニーと女子のショートプログラム。
席は103ブロックB列。
H.I.Sさんは通し券をわざわざバラにして毎日違う席で見られるように
コーディネートしてくださいました。これはよかったです!
全日程のチケットの中で今日が一番前ですが、場所としては、ジャッジの反対側の
端っこです。でも、近くに選手がくると表情までよくわかるよいお席でした。

合間にAさんと、会場の外へ散歩に。
このカンヌンは将来的に総合スポーツエリアになるんですね。
アイスアリーナ、ショートトラック会場、イベント会場、フードコート、サッカー会場など、
広い公園になっています。サッカー場では、凧揚げしている人がいたりして、のんびりしています。
平昌のイメージ女優さんが、チャングムを演じたイ・ヨンエさん。
お子さんをお産みになって現場に戻ってきたばかりですが、美しい!

Aさんとフードコートでスンドゥブ食べたりして休憩もできました。
この日以降、フードコートについて宣伝されたので、すごい混雑になりましたが、
この日は比較的空いていて、隣で催されていた物産展もゆっくり見られました。
f0136155_19174293.jpg


女子は宮原さんが怪我で欠場ですが、三原舞依選手が頑張りました!

それから、心配していたトイレですが、綺麗だし沢山個室があるし、
ハンドドライヤーも完備で、特に問題ありません!

f0136155_19245988.jpg

夜は美しい光が刻々と変わっていくアリーナ。
[PR]
# by hrm163t | 2017-02-16 23:59 | 羽生結弦・フィギュア
昨年の秋に羽生選手が四大陸は平昌オリンピックの会場なので
ぜひ出たいと宣言していたので、秋にツアーを申し込みました。
今回もH.I.Sにお世話になりました。
まず、15日朝8時25分の飛行機。6時半集合です。はやっ!!
チェックインを済ませて、両替やら保険加入やら。
今回のツアーは友人は参加しません。一人参加なので、ドキドキです。
でも、最初から私、ラッキーでした。
飛行機の隣に座ったSuperflyのしほさん似の綺麗な女子(以降Aさん)が
話しかけてくれました。しかも!彼女は韓国にエステとかお買い物とかで
なんども行ったことがあるというのです。
共通点はゆづファンっていうことだけだったのですが、
話もはずみ、着いてからもご一緒できることになりました!
私は到着日はホテルに缶詰かな、と思っていたのに、
思いがけなく観光もできることに。彼女はもうエステの予約を入れているそうで、
夕方、明洞(ミョンドン)で待ち合わせることになりましたが、
私が行きたい観光地のことを教えてくれて、タクシーの乗り方も教えてくれました。
で、勇気をもって観光地へ。
私が行きたかったのは、昌徳宮(チャンドックン)でした。
1997年に世界文化遺産になりました。
昌徳宮は第3代王の太宗が建てた王宮です。
今、「大王世宗」という第4代王になった世宗のドラマを見ているので、
行ってみたかったのです。
行ってよかった!なんせ、大きい、広い。幸い、暖かい日だったので、ゆっくりと
散策し、満喫いたしました。
f0136155_18242831.jpg

そのあと、昌徳宮に隣接している昌慶宮(チャンギョングン)も行きました。
こちらも美しい宮殿でした。

夜は地下鉄に乗って明洞へ。待ち合わせはわかりやすく駅前のユニクロにしました。
無事にAさんと落ち合えて、街をぶらぶらして、ちょっとお買い物して、それから、
チムタクというお料理のおいしいお店へ!!
鶏肉とお野菜と韓国春雨を甘辛く炒め煮してあるお料理でほんとに美味しかった!!
[PR]
# by hrm163t | 2017-02-15 23:59 | 羽生結弦・フィギュア

NHK杯 エキシビション

もう最終日です。
今日のお席はスタンドではありますが、
前から2番目、リンク挟んで向かい側にはキス&クライで
今日もよい席です。
この3日間、本当によいお席で見られて幸せでした。

このエキシビのプログラムは
ロシアの振付師のタチアナ・タラソワさんからいただいた曲。
Notte Stellata by Il Voloというサンサーンスの白鳥のヴォーカル版です。

とにかく、
パ ー フ ェ ク ト な 美 し さ

途中、ディレイドアクセルというのでしょうか、バレエの技のようなジャンプが
あるのですが、美しかった!
全体にゆっくりした演技ですが、随所に美しいところがあり、
音楽によくあって素晴らしかったです。
でも、すごく息があがっていたから、優雅に見えるからといって、
楽なわけじゃないんですね。

しかもリンクに入る時も出る時も
ご挨拶も優雅でした。
あのおじぎ、ほんと好き。

会場でこのエキシビが見られてよかった!
アンコールはショートの後半。
最後まで盛り上がりました。

エンディングでは、どうも君たちも出て盛り上がりました。
楽しい3日間でした。

ちょこっと触れると、ポコリラヤは美しかった!
それから、ネイサン・チェン、好きです。
動きも美しく、ジャンプもこれからよくなるでしょう。
羽生選手を見る熱い眼差しもいいです。
期待しています。

帰りの空港で。
そして、ガラナは北海道では必須です。

f0136155_1930055.jpg

f0136155_19303482.jpg

[PR]
# by hrm163t | 2016-11-27 23:59 | 羽生結弦・フィギュア

NHK杯 第2日目

二日目は男子フリー。
今日の席はショートサイド西側、真ん中あたり。
見やすい、とてもいい席でした。
1日じゅう、会場にいて、好きに観戦しました。
バタバタせずに、体力温存ですね。

さて、余裕をもって、第2グループを見ます。
田中刑事選手もすごくよい演技で、会場もみんな
応援していましたし、演技終了後、スタンディングオベーションが
すごかったです!
嬉しいですよね!日本人選手、しかも羽生選手の同期が活躍するのは!

さて、羽生選手のHope & Legacyは、素敵でした。
振り付けが一部、変わったそうです。
始まりはショートサイドに向いて始まりました。
4回転サルコウのコンビネーションが転倒で残念でしたが、
それ以外は綺麗でした。
演技前に、エキストラ(雑誌)のシェイリンボーンの記事を読んでいたので、
羽生選手の選手としての歩みとして見ていたら、感動しました。

表彰式は、また楽しい雰囲気に包まれていました。
遠目ながら、羽生選手と田中選手がハグしていて、嬉しさも倍増。
いろいろ、細かいところが、羽生選手はお茶目です。
もう二十歳すぎた男子ですけど、時々、中学生みたいな時があります。
厳しい競技人生を送っているし、頭いいし、度胸もあって
普段は「大人」って思うけど、可愛いところが見えるとホッとします。

最後の周回の時は思い切って叫んでみました。
上を見上げて、くしゃっとした笑顔を見せてくれました。
あの「くしゃ笑顔」は私の心のシャッターを切って永久保存版です。
(前日のショートのステップ中の0.1秒くらいの睨んだ顔も永久保存!!)

帰りはまた真駒内駅まで歩きました。二日目のほうが短い気がしました。
二日目はとしえさんと長岡で出会った方たちのオフ会に参加しました。
そこで、カニとか、石狩鍋とか、キタアカリとか、美味しいものをいただき、
羽生選手の話題で盛り上がったりと楽しい夜になりました。
[PR]
# by hrm163t | 2016-11-26 23:59 | 羽生結弦・フィギュア
この日記は、NHK杯のレポートではありません。
個人的な行動の忘備録です。






まずは、チケットですが、今回から電子チケットが導入されました。
相方のYさんと気合入れまして、ぴあとローチケと両方申し込んだら、
ダブりました〜。でも、すぐに一緒に入ってくださる方が見つかり、
一枚も無駄にせずにすみました。
でも、電子チケットは相方のYさんも、私も、スマホを当日までなくさないか、
表示が正しくされるか、結構神経を使いました。
まぁ、不正な売買が少しでも減らせるのなら、しょうがないかな、と思います。

で。第1日目。男子ショート。
この日はYさんが、アリーナ席を当ててくれました。
アリーナ席、初めてです!
6分間練習で羽生選手が出てくると、ざわつきます。
色が違う?!
そして、ジャス(ジャージのこと。どうやら仙台弁?)を脱ぐと、
私のまわり一帯がどよめいた!
羽生選手は後から、やったー!って思ったと言っておりましたが、
私たちのどよめきの意味が伝わっていたのかどうか、疑問です。
だってー、
あのむっちり衣装の衝撃ですよ。
大臀筋、大腿筋もあらわなアレです。
しかも、織り方が玉虫色な紫。
赤に見えたり青に見えたり、せ、セクシーすぎる。
初めてのアリーナ、ちょっと毒が強すぎて、一帯がへんな興奮に
包まれてしまったわけです。
ダンスベルト?なにそれ。
私の相方のYさん、ぜんぜん記憶がなくって、彼のお○りしか
覚えてないって。お気の毒に。

さて、羽生選手のショートプログラム。
テーマはロックスターってことですが、
もうね、すごかったです。
もちろん、目の前でみた4S+3T、素晴らしかった!
でも、後半、ズザーッの前、ステップで私たちの前を通過した時を
忘れません。鬼ステップ踏みながら、
アリーナの私たちの顔をずーっと舐めるように睨んでいったのです。
バタバタとファンが逝ってしまう音が聞こえました。
私の顔(知ってる人しかわからないが)、テレビに映っていて、
腑抜けた笑顔でした。娘と録画で確認しましたが、娘が
こらえきれず、笑っていました。いいんだ、私が幸せなら。

アリーナ席だったので、これまた初めてのプレゼントの投げ込み!
羽生選手のご挨拶の時は自分たちのバナーを振るのに
忙しかったけど、その後時間があったので、
プーさんを投げ込んでみました。
ツイッターには「投げ込む余裕があるのなら、
募金したら」と提案している方がいらして、
それも一理あるけど、アリーナ席なんてそうそう
降りれませんから、記念に投げさせてくださいね。

さて、帰りはシャトルバスに乗るつもりでいたのですが、
長蛇の列で当分乗れそうもありません。
交差点で整理しているお兄さんが駅まで歩いて15分って
アナウンスしていたので、道順をよく聞いて歩くことにしました。
幸い、雪もなく寒さも厳しくなかったので、無事に駅にいけました。
よかったー!
ホテルに戻り、軽くお酒とご飯を食べながら、
スポーツニュースのハシゴ。
103.89で一位でしたので、ホッとして休みました。
f0136155_18321036.jpg

[PR]
# by hrm163t | 2016-11-25 23:59 | 羽生結弦・フィギュア

京都!

T.M.Revolutionの京都公演。祝日なので、行ってきました!
楽しかった。
久しぶりに会った友人たち。
みんな元気だった。

その日の夜は初めて京都の先斗町に行きました。
ホテルは近くなのでゆっくりできます。
いつもの気のおけないFさんと二人だからリラックスしてお料理を堪能しました。
その日のライブで話題が出てきた「生麩」。生麩田楽をいただきました!
いやぁうまい!
f0136155_1762770.jpg

他にもあったかいお豆腐とかね、お腹いっぱいいただきました。

4日はせっかく京都に来たので、観光しました。

金閣寺から、金閣寺の近所でお店をやっているFさんの知り合いを訪ね、
そこでランチ。ヘルシーでおいしかったです。
そこからは、私のわがままで嵐山方面に行きました。
f0136155_17104876.jpg

渡月橋。
きたかったんです、ここ。サスペンス劇場でよく使われるここ(笑)。
想像より、駅前が騒がしかったけれど、ここまでくると、山も近くで空気も清々しく、
嵐山に来てよかったとおもいました。
f0136155_17132787.jpg

ちょっと、紅葉が始まっていたのですが、曇り空なので、色がイマイチ、地味でした。
JRの広告、並べて置きます。こういうイメージです(笑)。

f0136155_17151162.jpg

[PR]
# by hrm163t | 2016-11-04 23:59 | その他

「のれんにうでおし」を言い間違えても平気な顔の、ミーハーおかあさんの日記


by hrm163t